一般歯科、審美、矯正、インプラント、噛み合わせ相談など、東京都港区芝 ひろこデンタルクリニック

ホーム > 診療のご案内 > 保存療法

保存療法

【症状】歯が痛い・歯が欠けた

虫歯には、下図のような4つのstageがあります。

治療法 C1~C2の場合

C1~C2であれば、充填物(つめもの)、補綴物<ホテツブツ>(かぶせもの)で治すことができます。また、ごく浅い虫歯であればレーザーで取り除くだけでも治せます。

  材質 料金
充填物 プラスチック ¥1,000(税別)~(保険対応)
補綴物 金属 ¥2,000(税別)~(保険対応)
セラミック ¥25,000(税別)~(保険外)

セラミックとは?
保険対応のプラスチック充填や金属修復に比べ、セラミックは他の歯の色に合わせられるという審美的利点だけでなく、体との親和性(金属アレルギーの回避等)に優れ、それ自体の劣化・収縮がないため、二次的虫歯も防ぐといわれています。また、硬さもエナメル質と同等と規格されており、金属のように硬すぎずプラスチックのように弱すぎる等をクリアした商品とされています。

歯が欠けた場合についても、同様に修復改善できます。「硬いものを噛んでしまい小さく欠けた」程度であれば、プラスチックでも修復可能です。

▲ページの先頭に戻る


治療法 C3の場合

C3のように神経まで及んでしまった虫歯は、まず歯の神経を取るということから始まります。

神経の処置後、歯は乾燥し、ひびが入ったり変色してくるので、噛むという力に対して脆くなります。そのため、補綴が必要となります。

  材質 料金
補綴物 金属 ¥3,500(税別)~(保険対応)
セラミック ¥60,000(税別)~(保険外)

▲ページの先頭に戻る


治療法 C4の場合

C4まで虫歯が及んでしまうと、歯自体の保存が危ぶまれます。最悪は抜歯となります。

歯を抜いてしまった後は?
Bridge(ブリッヂ)
抜いた歯の前後の歯がしっかりしている場合、その両隣在歯(2本以上)で橋渡しをして、連なった補綴をすることです。

右図の様3歯の場合

  材質 料金
補綴物 金属 ¥10,000(税別)~(保険対応)
セラミック ¥240,000(税別)~(保険外)

入れ歯
抜いた歯の前後の歯がしっかりしている場合、その両隣在歯(2本以上)で橋渡しをして、連なった補綴をすることです。

保険対応の場合、橋渡しをする歯に金属のばねをかけないければなりません。
ノンクラスプデンチャーは、そのバネを使わず入れ歯だと悟られないものです。
適合性も良く、ずれる・はずれやすい等の問題もおこりにくいです。

ノンクラスプデンチャー ¥130,000(税別)~

※金属床入れ歯は、違和感を極力軽減、維持、安定を追及し、審美的にも考慮したものです。
例えば上の写真のように、両奥歯を失い入れ歯となっても、前歯にバネをかけたりしないで作製できます。